アンチエイジング

40代になったらスキンケアを見直そう

40代にさしかかると、本格的に若さが失われていると実感し始めます。どうしたら見た目年齢を保つ事ができるのか、色々考える中で、重要視して欲しいのはスキンケアです。スキンケアが何故重要なのかというと、やはりベースをいつまでも若々しく保つ必要があるからです。できてしまったシワやシミをメイクで隠そうとすればするほどに、厚塗りになってしまいます。若々しいというよりも、若作りにかわってしまうでしょう。

スキンケアの基本は、まず洗顔からです。普段どのように洗顔をしているでしょうか。理想の洗顔は、オイルクレンジングなら優しくクルクル円を描くようにして、洗顔なら泡を使ってソフトタッチで洗うという方法です。ついつい汚れを隅々まで落とそうとしてゴシゴシ洗ってしまいがちなのですが、ゴシゴシ洗うたびに肌は傷ついてしまいます。その傷がきっかけでシミやシワにも繋がりますし、たるみを引き起こす原因にもなるでしょう。メイク汚れが落ちにくいとか、洗ってもきれいになる気がしない…という場合は、洗顔方法を変えるのではなく、クレンジングや洗顔フォームを見直してみてください。肌に負担をかけずにきちんと洗えるものが販売されているはずです。

次に、化粧水や乳液などのスキンケアです。40代になったら、保湿重視のスキンケアに切り替えてください。元々脂が出やすい人でも、40代になるとカサカサが気になるようになってきます。皮脂の分泌は年齢とともに悪くなるからです。昔はさっぱり系が好きだった、という人でも、自然と保湿ができるスキンケアラインを使いたくなるでしょう。そして、たっぷりと肌に浸透させてください。若いころはあまり時間をかけてこなかったという人は尚更、スキンケアに時間をかけることが40代では大事になってきます。手で触ってみて、吸い付いてきてくれるぐらいになればOKです。ただ塗っているだけではなく、内側に水分を行き届かせ、潤いを与える…そこまでスキンケアでは確認する必要があります。

タイミングについては、洗顔後すぐに化粧水・乳液と行ってください。完全なすっぴん肌というのは、肌の水分が蒸発しやすい状態なので、蒸発する前にフタをしなくてはなりません。プラスで悩みに合わせて部分的な美容液などを使いましょう。

若いころのままではいかないスキンケア。ですが、年齢とともにある程度手間をかけなくてはいけなくなってきます。手間を面倒と思わず、肌を若々しく保つためには必要なこと、と考えて取り組んでみてください。



更新履歴